【2020年最新】 eBay輸出 EMSよりお得に発送する方法 3選 レビュー

こちらの記事ではeBay輸出で商品を発送する際に利用する発送会社(配送方法)をレビューしていきます。

「日本郵便のサービスだけ使っておけば間違いない!」という考えはすでに時代遅れ。

日本郵便以外にも素晴らしい発送方法があるので今回は代表的な3つをご紹介します。

もはやEMSは高いという認識へ

これまで多数のeBayセラーが利用していたEMS
もちろん現在も現役で活躍している発送方法です。




むしろ日本で最も利用されている海外発送方法と言っても過言ではありません。
(法人利用除く)


しかしこの発送方法にはほとんど割引がありません。
後納契約を行い、かつ月50個以上の発送実績があって初めて10%オフが適用されます。


その他にもヤフオク等で切手を定価の5-10%で購入し、EMSの送料に充てるというやり方もあります。
しかし実は近年からスタートしているサービスでは、そんな面倒くさい方法をせずとも
より安価に速く発送できる方法があるのです。

実は国際サービスも提供していたあの会社

まずご紹介する1社目は「ヤマト運輸」

ヤマト運輸といえば「宅急便」ですが、実は海外配送も行っているのです。
しかも送料はEMSに比べてかなり割安!




【メリット】
 ・EMSに比べて送料が安い。(EMSの70-80%程度で発送できる)
 ・EMSとそん色ないスピード。(アメリカで4-6日程度)
 ・日系企業のため問い合わせやトラブル対応も安心感がある。



【デメリット】
 ・個人の場合発送できない国がある。
 ・荷物が重くなるとEMSのほうが安くなるケースがある。
 ・中南米やアフリカなどの地域になるとEMSより高くなる。



【レビュー】
日系企業が提供しているサービスのため一定安心感があります。
追跡はもちろん、紛失等についても真摯に対応してくれます。
デメリットはあるものの、無難に送料コストを抑えたいということであれば、
心理的負担も少なく鞍替えできるサービスです。

特別契約で送料が格安に!?発送スピードはEMS超え!!

次にご紹介する会社は海外企業の「DHL



DHLは日本郵便(EMS)に比べると法人利用が多いサービスになります。
そのため一般個人で利用することはあまりありません。


しかし特別契約を行うことで通常より送料がかなり安くなります。
80サイズ程度までであればEMSの70%程度で発送することができます。


【メリット】
 ・大きな商品でなければEMSより安価に発送することができる。
 ・圧倒的な配送スピード。アメリカであれば通常2-3日で到着。



【デメリット】
 ・通常利用では送料が高すぎるので別途契約を結ばなければならない。
 ・HPが少し見にくいので慣れるのに少し時間がかかる。
 ・国によっては関税をセラーが支払う必要がある。



【レビュー】
EMSを上回るスピードで発送できることが大きな魅力です。
それだけでバイヤーには良い印象を与えることができるため、ポジティブフィードバックをもらえる可能性が高いです。
しかし、デメリットも多く、特に関税がセラー払いになる国が多いことがかなりのデメリットです。
そのため発送できる国が限られるため、DHLはセラー次第で損得がわかれるでしょう。

ちなみに私はカメラやレンズなど、比較的小さいものを扱っているためDHLを重宝しています。

実は発送代行を使うことで送料割安に!!

最後にご紹介するのは発送代行を行っている「malltail(モールテール)




輸入・輸出の発送代行サービスとして有名です。
しかし実はこのサービス、発送に「Fedex」を利用することができます。
通常Fedexを個人で利用するとかなり割高なのですが、malltailを通して利用すれば法人割引価格で利用することができます。


【メリット】
 ・EMSより速く届くことが多い。
 ・ものによってEMSより安くなる。(小物中心)
 ・無在庫と相性抜群



【デメリット】
 ・国によってはFedex利用不可、EMS対応になる
 ・住所によっては発送負荷の地域がある



【レビュー】
発送代行がセットのサービスなので無在庫と相性が非常に良いです。
無在庫で高額品を扱うセラーであればぜひ導入を検討してみましょう。
ただし繁忙期には倉庫内で少し発送対応が遅れることがあります。

まとめ

今回はEMSに代わる新しいサービスをご紹介させていただきました。


もちろんEMSはまだまだ現役、かつ個人では最も利用されている海外発送方法です。


しかしこれらのように素晴らしいサービスが出てきているのも事実です。


ぜひあなたのスタイルに合わせて、最もメリットのあるサービスを取り入れていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です