仕入れのライバルを圧倒的に少なくする簡単な方法

お疲れ様です、副業コンサルのぬいぬいです。
今日もコンサル生の電脳仕入れフォローで出張。

出張は移動が大変なんですが、その土地その土地で名産が食べれるから結構好きなんです。
長崎の壱岐ってご存知ですか?
私は新卒で入社した旅行会社で添乗業務で行ったことがあります。

壱岐で有名なのが海産物、とくにイカ。
このイカが激ウマ!なんです。
壱岐まで行かなくても唐津とかでもほんとにおいしいイカが食べれます。

私はそれまでスーパーに売っているイカが、イカ本来の味だと思ってました。
しかしそうではなかった。本当に衝撃でした。
今度九州に行くときはなんとか時間を作ってまたイカを食べにいこうと思っています。

さて、今日は誰もが気になる「ライバルを減らす方法」
これ別に難しいやり方でも、テクニックでもないんです。

ただ、ライバルが仕入れにくいものを仕入れ対象にすればいいだけ。

例えば、iPadとMacBook。
中古市場でライバルが少ないのはどちらでしょうか?

答えはもちろんMacBook。
理由は「仕入れ単価が高い」から。

そう、だいたい初級者~中級者の場合は仕入れ単価を安く、利益が出るものを探します。
当たり前ですよね。
それが一番ローリスク・ハイリターンなのですから。

しかしそれは誰もが考えること
だからライバルが多くなる。

もちろん仕入れ単価が高いからと言ってライバルがいないわけではなく、
利益率が爆発的に伸びるわけではないです。

しかし、「余計な価格競争をしなくて済む」というのは大きな利点です。
中古の場合は「付属品や状態で高値売りができる」ということが新品とは違う面白いところですが、
販売単価が上がると特にこれが顕著になります。
ここに利益を伸ばすポイントがあるのです。

少し視点を変えるだけでも簡単に利益は伸ばせるものです。
ぜひライバルと違う視点を常に持てるよう、日々考えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です