売上げが低下していませんか?だとしたらこれが原因かも・・・。

お疲れ様です、副業コンサルのぬいぬいです。
今日はとろけるくらいの暑さ・・・orz
大阪は最高気温33度・・・もう完全に夏ですね^^笑

そんな私は家でまったり電脳。
そして新しい外注さんを雇うためのマニュアルをいそいそ作っていました。

さて、今日は読者さんからいただいた質問とそれに対する私の回答をシェアします。
この質問は昨日いただいたので、まさに今悩んでいる方もいるはず・・・!

「ここ1週間くらい売上げが激減しています。ぬいぬいさんはいかがでしょうか?」
「何かAmazonで仕様が変わったから中古が売れなくなってしまったのでしょうか・・・?」

はい、私もこの経験はあります。
昨日までは毎日一定売れていたものがある日突然売れ行きが悪くなる。

急に売り上げが落ちてしまうと誰しもが不安になります。
このブログを読んでくれているあなたも実際経験はあるのではないでしょうか?

この質問に対する私の回答はこちら。

「売れる時期、売れない時期がある。いつでも安定的に売れるというのは消費財くらい」
「在庫数と販売単価を見直しましょう。おそらくライバルが増えて販売価格が下がっている可能性がある」

売れる時期、売れない時期。
これはあなたがモノを買いたいときはどんなときなのかを想像すれば容易にわかります。

給料日前・給料日直後
ボーナス前・ボーナス直後
シーズン前・シーズン後
発売前・発売後・・・etc

上記は簡単な例ですが、今は「ボーナス直後」から時間が経過しています。
つまりある一定消費者は買いたいものを買い終えた直後とも言えます。
こういうタイミングは一定売れ行きが落ち込みます。

また、上記から仕入れたのに売れないライバルが増加。
結果商品の単価が少し下がってきます。
そうなるとまた消費者が「お買い得」と感じ購買量が増えてきます。

しかしそれまでは一定売れない時期が続いてしまいます。

せどりなどの物販を個人でする場合、無在庫でない限り商品をしっかり回転させなければ資金ショートになります。

そうなる前に私はしっかり「損切りする」ということも重要だと考えています。
私も毎月売れ行きを考慮して損切りタイミングを決めます。

特にこういう時期はシビアにタイミングを見ていく必要があります。
これは経験に裏づく行動なので、単に数字を見ているだけではありません。

もし上記のようなことで悩んでいるせどらーさんがいれば、
一度だれか信頼できると思う方にコンサルを仰いでもいいと思います。

大事なのは仕入れを止めないこと。
言い換えると、仕入れを止めないような流れを作ること

せどりで大きく儲けていくにはこの考えが非常に重要だと思います。
ぜひ日々の行動を考え直してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です