中古せどらーならこれくらいの評価率は保たないとヤバい・・・!

日常

お疲れ様です、副業コンサルのぬいぬいです。
関西は昨日から雨が続いています。
ただ降ったりやんだりのうっとうしい状態が続いている感じです”(-“”-)”

日曜の夜からまたタイに出発するので出発するときには晴れていてほしいんですけど・・・。
この前は大雨の中出発したら大気不安定で飛行機揺れまくったんですよ。
マイル使ってビジネスクラスだったのでフラットシートにしたら酔いそうになりました。笑

さて、そんなわけで今日は評価率について。
3-4年以上前からせどりしている人ならわかるかもしれないですが、
最近全体的にセラーの評価率が落ちてませんか?

私がせどりを始めた時は中古せどりが主流でした。
それもあってか評価率はかなり重要視されていました。
99%が基本!とか言ってる情報発信者もいましたね^^;

まぁ基本というか目標であれば99%はありです。
でも実際中古せどらーで99%は結構レベルとしては高いです。

最近は95%でも悪くないと言われているようですね。
でも私からすると95%って低い。

購入者からすると、20人に1人は悪い評価を出している、というように見えちゃいますからね。
まぁセラーからするとそんなわけないんですが( ;∀;)

でも私からすると「95%」という数字は決して高くはないと思います。
私の基準としては最低でも「97%」、通常は「98%」を維持するようにはしています。

正直95%と97%では売行きがかなり違います。
特にコンディションで差別化をはかっているセラーは売上げに差が出てくるでしょう。

状態差別化で販売するセラーは写真だけではなく、評価率にも気を遣うようにしましょう。
私としては98%を維持し続けれる状態であれば中古セラーとしては問題ないレベルだと思います。

高く売りたい気持ちは誰しも同じです。だからつい「非常に良い」というコンディションで設定してしまう。
しかし、「長く物販で事業(副業)をしていく」ということであれば客観的に商品コンディションを選定することが大事です。

ぜひ一度自身のアカウントを見つめなおしてみてくださいね^^