年金2000万円不足問題に対する貯蓄方法は「せどり」が適切な3つの理由

マインド

お疲れ様です、副業コンサルのぬいぬいです。

あなたは老後の生活について考えたことはありますか?

結構リスクヘッジ型のぬいぬいは考えることが多くなってきています。(老化かな笑)

最近金融庁が試算した「年金2,000万円不足問題」

これは政府のスタンスと異なるなど政府も反論していますね。

しかし私としてはこれは免れない「事実」だと感じています。

そもそも年金制度は日本人が100年も生きるという前提で作られていないはずですし・・・^^;

そうなると、サラリーマンであれば定年退職までに2,000万円を貯蓄しておく必要があります

サラリーマンが定年退職までに2,000万円貯蓄することはできるのか?

まずはそもそも問題。果たして2,000万円の貯蓄ができるのか。という点です。

もちろん各々のライフスタイルや年収もあるのでなんとも言えないですが、日々貯蓄する努力をしておけば不可能な数字ではないでしょう。

一般的に少しお金に余裕を持ち始める30代後半から年100万円貯蓄できれば2,000万円は割と簡単に超えます。

ただ問題は、そもそも年100万円貯蓄しようと思えば、どれだけ日々の生活を我慢しなければならないか。ということでしょう。

豊かで自由な選択ができる人生にするには?

普通に働いていても我慢すれば2,000万円の貯蓄は可能だと思います。

しかしたまにの家族旅行、子どもの教育費、果てはちょっとした外食までも我慢しなければならないことになりかねません。

そんな人生は楽しいのでしょうか?

私はその逆でありたいと常々思っています。

「人生において幅広い選択ができる状態=自由」

これが私の目指しているところでもあります。

自由な人生を歩むためには自分自身でも稼いでいくことが必須

さて、テレビやメディアでも自分自身で稼ぐ手法を身に着けていくべき、ということはかなり以前からも言われています。

今回の2,000万円問題でも「資産運用」という手法の提案がありましたね。(まぁ提言はかなりざっくりしていた感がありますが^^;)

そう。会社以外にも稼いでいかなければ我慢我慢の人生になってしまうということです。

ではサラリーマンは本業以外に副業としてどんな稼ぎ方がいいのでしょうか。

サラリーマンこそ「せどり」をお勧めしたい理由

私は「サラリーマンの副業はせどり(物販)一択」だと確信しています。

理由は簡単。一番手っ取り早く、手堅く稼げるからです。

もちろん簡単ということではありません。安定的に稼ぐには必死に努力をする必要があります。

それでもあえて「手っ取り早く、手堅く」と言った理由は3つ。

 ・リスクが少ない (仕入れ金額を自分の小遣いから始めることができる)

 ・結果が出るのが早い (早ければ仕入れた商品が翌日には売れてしまう!)

 ・空いた時間でチャレンジできる (FXや投資みたいに本業が手につかない状態にはなりません。笑)

そう、せどり(物販)って副業には打ってつけなんです。

私も仕入れ資金1万円から始めました

今は私は物販で独立し、会社も作ることができました。

そんな私も始めたときの仕入れ資金は小遣いの「1万円」です。

そう、私もお金がなかったんです。

その1万円の運転資金が今や2,000万円を軽く超えています。

私は「せどり」と出会って人生が大きく変わりました。

せどりを始めたおかげで、今の私は老後の2,000万円に対してそこまでの不安を感じていません。

副業を始めるのに遅すぎることはない

今や副業をしていないほうがリスクのある時代です。

本当に今の環境が続くのか、もう一度考えてください。

もし少しでも不安を感じるようであれば、今日から副業について調べて、行動に移していきましょう。

どんな環境、年齢でも遅すぎることはありません。

人生をポジティブに捉える環境を手に入れよう

お金のことになると途端にネガティブな話題が多い今の日本。

周りはその状況を変えてくれることはありません。

自分からその環境を変えて、ポジティブに人生を捉えれる状況を創っていきましょう!^^